あべこべ道中

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

春もうらら、松並木の街道筋に、領地検分に赴く将軍家指南番伊勢伊勢守の堂々たる行列と、路傍にうずくまる二人の浪人者の姿が、奇しくも武士道の明暗を描いている。羨望の眼差を向けた浪人甲と乙は、伊勢守の高名を無断借用して詐欺行脚を始めようと思い立った。そこで、伊勢守を名乗るにふさわしい人物を探すことになったが、容貌魁偉、傍若無人の若い田舎者が現れた。かくてニセ伊勢守主従が産声をあげた。が、道端に落ちていた財布から仲間割れとなり、二人と袂をわかったニセ伊勢守は、不敵にも各地の道場をめぐり歩いた。道場主は一門の名誉のため、甘んじて“袖の下”を出すのだった。二人の伊勢守の対面は意外にも早く訪れた。それは江戸の土を踏んだニセ伊勢守が軟派侍から武家娘を救ったことがきっかけとなった。その娘が正真正銘の伊勢守の娘八重だったのである。名を騙りながら詑びようともしない厚かましさ。当然、二人の対決となるが、無為無策の無手勝流に、天下の伊勢守無双流は脆くも敗れた。悲壮な決意をかため、伊勢守は老骨に鞭うって武者修行の旅へ。無敵のニセ伊勢守の前に、思いがけない強敵が現れた。伊勢守の娘八重の求愛と、自殺寸前を救ってやった田舎娘お初の慕情がそれである。さしもの無手勝流もオイロケ旋風には歯が立たず、江戸から逃げ出した。土地の親分十兵衛一家の助太刀をしてやったのが縁で、ニセ伊勢守は同家に身をよせた。そこには健康をそこねたお初が療養にきていた。十兵衛の肝煎りで道場を開いたニセ伊勢守の噂を、風の便りに聞いた八重は、江戸から駈けつけた。げに女の執念ほど恐ろしいものはない。一方、野に伏し、山に寝て修行を積んだ伊勢守から、ニセ伊勢守に再度の挑戦状が届いた。場所は双子山の頂き。武士道の名誉を賭けた世紀の決闘は、二人の伊勢守によって始められたが、またしても無手勝流に凱歌があがろうとは……。


解説

伊勢野重任原作「国士無双」を、「瞼の母(1962)」の加藤泰と映画評論家瓜生忠夫が共同で脚色、「右門捕物帖 卍蜘蛛」の河野寿一が監督した風刺時代劇。撮影は「源氏九郎颯爽記 秘剣揚羽の蝶」の松井鴻。


公開日1962年5月9日より
配給東映
制作国日本 (1962)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
東千代之介 (Chiyonosuke Azuma)贋伊勢守
山形勲伊勢伊勢守
多々良純浪人甲
本郷秀雄浪人乙
北原しげみ八重
北原しげみお初
吉川雅恵ばあや
源八郎老門弟
和崎隆太郎若門弟
山城新伍ケラの十兵衛
時田一男乾分
加藤浩うわばみ弥太五郎
五里兵太郎医者
汐路章 (Akira Shioji)赤柿渋右衛門
鈴木金哉海野月也
林彰太郎山坂転太
吉田義夫羽黒月仙
大泉滉軟派侍
浜田伸一無頼漠
明日香実役人A
唐沢民賢役人B
小田真士役人C
中村竜三郎奉行
大城泰群衆甲
河村満和群衆乙
有馬宏治まるやの亭主
鳳衣子まるやの内儀
三原有美子本陣の娘
木島修次郎岡場所の迫手A
智村清岡場所の追手B
島田秀雄取次ぎの侍
佐々木松之丞七郎兵衛
波多野博瓦版売り
疋田圀男役人
野村鬼笑寺の和尚
若井緑郎町役
藤川弘胆煎り
熊谷武年寄り
瀬川路三郎仙人
石丸勝也田舎者A
香住佐久良夫田舎者B
伊吹幾太郎田舎者C
矢奈木邦二郎末広の亭主
山田光子末広の内儀
坂東京三郎美男の侍
名護屋一角力をとる侍
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP