ホワイト・バッジ

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

韓国朴大統領暗殺のニュースが報じられていたころ、ハン・キジュ(アン・ソンギ)は、ベトナム参戦の体験を元にした小説を書こうとしていた。しかし、戦争の記憶を掘り起こすことは、想像以上につらいことであり、何日も筆の進まない日が続くのであった。そんな時、かつての戦友、ピョン・ジンス(イ・ギョンヨン)から連絡を受ける。久しぶりに会った旧友は、精神的に破綻していた。そんな彼を見ながら、ハンは戦時中の日々を克明に思い出していく。外貨を稼ぐために出向いた兵士たちの姿や、普通の若者であった彼らが、実際の戦いで次第にベトコンと農民の区別もつかなくなり、精神的におかしくなっていくようすなど、それはまさに地獄絵であった。ピョンの精神的破綻も、そんな悲惨な戦争の背景と、それを命じた上官への憎しみから来ていた。ハンの記憶は、終戦とともに途絶える。外では民主化運動がデモに攻撃されていた。それを見たピョンは、自分がいま、ベトナムにいるのか、韓国にいるのか区別がつかなくなる。ハンは、友人の記憶の中にあるベトナム戦争を、彼を殺すことによって終わらせてやる。


解説

韓国人によるベトナム戦争映画。同盟国のアメリカのために一万人余の兵士を派兵した韓国の、その後の苦悩を描く。一九九二年東京国際映画祭のグランプリ・最優秀監督賞を受賞した。また、アン・ジュンヒョの同名小説は、米国ですでに発売されていて、ニューヨーク・タイムスなどでは高い評価を得ている。監督は「南部軍」のチョン・ジョン。製作はクク・ジョンナム。脚本は監督を含めたコン・スヨン、チョウ・ヨンチェル、シム・スンボなど。撮影はユ・ヨンギル。


公開日1993年6月12日より
配給東映
制作国韓国 (1992)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
アン・ソンギ (Ahn Sung-ki)Han_Ki-ju
イ・ギョンヨン (Lee Kyoung Young)Bye on_Jin-soo
シム・ヘジン (Shim Hye-jin)Yeong-ok
Docko Young Jae (Docko Young Jae)Corporal_Kim
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP