映画というささやかな商売の栄華と衰退

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

映画を撮れなくなって久しい映画監督ガスパール・バザン(ジャン・ピエール・レオー)は、金に困ってテレビのエキストラの面接を受ける。白々とした製作プロダクションでは延々とオーディションが続けられている。文節化された言葉を順繰りに辛抱強く発音し続けるエキストラ候補の老若男女。彼らにはその日の報酬が支払われるが、わずかな金額にも、製作デスクは彼らから源泉徴収を差し引くことを忘れていない。いっぽうプロデューサーのジャン・アルメレダ(ジャン・ピエール・モッキー)はガスパールと旧知の仲だが大きな負債を抱えて殺し屋に狙われている。アルメレダの妻ユリディーヌ(マリア・ヴァレラ)は女優になる夢をかねてから抱いており、そのことを深夜のカフェでガスパールに相談する。気のなさそうな彼女の様子をうかがっていたガスパールはそれでも鬼才監督らしくふるまうことで自分を持ち堪えようとする。やがてアルメレダは駐車場で暗殺される。


解説

ジェームズ・ハドリー・チェイスのハードボイルド小説『ソフト・センター』をジャン・リュック・ゴダールがテレビドラマ化。といってもゴダールのこと、原作に囚われず、映画製作の現状を鑑みたリアルで自由な翻案となっている。本作はビデオ撮りの作品を、日本の配給会社がキネコに起こして、劇場公開用にしたものである。やはりテレビ作品の「ゴダールの映画史 第一章 すべての歴史 第二章 単独の歴史」と併映された。「男性・女性」「中国女」「ゴダールの探偵」のジャン・ピエール・レオーが失業中の映画監督を演じるほか、「壁にぶつけた頭」「カルメンという名の女」で鮮やかな印象を残し、自身もベテラン監督であるジャン・ピエール・モッキーがプロデューサー役で出演。またゴダール自身が「カルメンという名の女」「右側に気をつけろ」などと同様に監督役で出演している。撮影は「右側に気をつけろ」「ゴダールの決別」のカロリーヌ・シャンペティエ。録音は「パッション(1982)」以降のゴダール作品のほとんどを手がけている名手フランソワ・ミュジー。本作はジャック・ラング文化相にに捧げられている。


公開日1994年2月27日より
配給ACT
制作国フランス スイス (1986)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
撮影
音楽
録音
字幕

キャスト

俳優名役名
ジャン=ピエール・レオ (Jean-Pierre Leaud)Gaspard_Basin
ジャン・ピエール・モッキー (Jean Pierre Mocky)Jean_Almerea
ジャン=リュック・ゴダール (Jean-Luc Godard)Metteur_en_scene
マリア・ヴァレラ (Maria Valera)Huridine_Almerea
カロリーヌ・シャンペティエ (Caroline Champetier)Operateur
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
映画『来る』にアンタッチャブル山崎弘也が”来る~” 主演・岡田准一と入れ替わり 元祖「来る~!」のザキヤマが日本アカデミー賞を狙う!?

2018.11.15

遂にジョニー・デップがロンドンプレミアに登場!!ハリー・ポッター魔法ワールド 公式アンバサダー桐谷美玲、ブルーカーペット登場!エディ・レッドメインとの夢の対面も実現!!『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

2018.11.15

『アリータ:バトル・エンジェル』「想像力溢れる世界に魅了された」(J.キャメロン) 瓦礫の中から拾われた人の心をもつサイボーグ=アリータの“人間らしい”葛藤、ド迫力のバトルを捉えた最新予告編解禁

2018.11.15

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
『アリー/ スター誕生』、ディレクターズカット版が公開か?

2018.11.15

マリサ・トメイ、新作『Human Capital』に出演へ

2018.11.15

マーベルのスタン・リー、死去

2018.11.15

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆

TOP