ノース 小さな旅人

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

11歳のノース(イライジャ・ウッド)はアメリカ郊外の典型的中流家庭のひとりっ子。勉強もスポーツも万能、礼儀正しく心優しい優等生の彼に、自分勝手なパパ(ジェイソン・アレクサンダー)とママ(ジュリア・ルイス・ドレイファス)は全く無関心だった。打ちひしがれたノースは、自分だけの秘密の場所であるショッピングモールの家具売り場で、ウサギの着ぐるみをまとった奇妙な男(ブルース・ウィリス)に出会う。男との会話から彼は『子供のFA制』を思いつき、学校新聞の編集長の同級生ウィンチェル(マシュー・マコーレー)に相談を持ちかける。そのアイディアに賛同したウィンチェルは早速、学校新聞に「ノース、FA宣言!」と書き立てたため、街は大騒ぎ。マスコミは飛びつき、両親はショックで卒倒する。ウィンチェルが紹介してくれた腕利きの弁護士アーサー・ベルト(ジョン・ロヴィッツ)に付き添われ、ついに裁判が始まった。法廷でも気絶したままの両親にあきれたバックル判事(アラン・アーキン)は、フリーエージェント制を容認。ただし、新学期9月の労働記念日の正午までに新しい両親を見つけるか、本当の両親と和解しなければノースは孤児院へ送られてしまうことに。たちまち世界中からノースを養子に迎えたいという手紙が殺到。7月9日の独立記念日に旅立った彼は、まずはテキサスのテックス夫妻(ダン・エイクロイド、リーバ・マッキンタイア)の豪邸へ。そこには、あのウサギ男そっくりのカウボーイがいた。夫妻は亡くなった息子バックの替わりをノースに期待していた。それを重荷に感じた彼は、ウィンチェル一派が彼を英雄に祭り上げ、子供たちの権利向上推進運動を図っていることも知らず次の候補者の元へ。ハワイではホー知事が待っていたが、PRに利用されたことを知って失望する。一方、ウィンチェル一派はノースが親元へ帰らないよう画策していた。アラスカでは強い家族の絆を感じるが、老人を氷に乗せて流す残酷なしきたりに大ショックを受ける。また、行く先々であの男と瓜二つの男が現れ、彼に助言した。その後、アーミッシュの村、北京、ザイール、パリと駆け足で巡るが、理想の両親にはなかなか巡り会えない。期限まであと3日と迫り、ノースは最後の候補者であるベッドフォードのネルソン夫妻の元へ。そんな時、意識不明でスミソニアン博物館に展示されていたノースの本当の両親が、突然意識を取り戻した。反省した2人がノースへ向けて謝罪したビデオがウィンチェルの策略で、決別表明へと作り変えられてノースの元へ届く。絶望した彼はネルソン夫妻の養子になろうと決心するが、なぜか心から打ち解けられない。答えを求めてニューヨークへたどり着いたノースを、ウィンチェルたちが放った殺し屋が襲う。あやうく命拾いしたノースは偶然、本物のビデオを手に入れ両親の本当の気持ちを知る。またしても現れたあの男の助けで家へと帰り着いたノースにウィンチェルは、両親はあの家具売り場にいると言う。期限まであと10分。急いで向かったノースが両親に駆け寄ろうとした時、殺し屋の銃口が彼を狙っていた…。目を覚ましたノースは、暗くなった家具売り場にいた。全て夢だったのだ。あのウサギの着ぐるみのサンドイッチマンに家まで送ってもらったノースは、帰りの遅い彼のことをとても心配していた両親に、温かく迎えられた。


解説

子供のFA(フリーエージェント)制を宣言し、理想の両親を求めて世界中を旅する少年の物語を通して、現代の家族のあり方を諷刺したハートウォーミングなコメディ。監督は「ミザリー」「ア・フュー・グッドメン」などのヒットメーカー、ロブ・ライナーで、彼の主宰するキャッスルロック・エンターテインメント作品。アラン・ツァイベルの同名小説(邦訳・新潮文庫刊)を映画化。製作はライナーとツァイベル、エグゼクティヴ・プロデューサーは「シュア・シング」からライナー作品に参加しているアンドリュー・シェインマン。脚本はツァイベルとシェインマンの共同。撮影は「勇気あるもの」などのアダム・グリーンバーグ、音楽は「ミザリー」「ア・フュー・グッドメン」のマーク・シャイマン、プロダクション・デザインはJ・マイケル・リヴァ、美術はデイヴィッド・クラッセン、編集はロバート・レイトン、衣装はグロリア・グレシャムがそれぞれ担当。主演は「危険な遊び」で注目の少年スター、イライジャ・ウッド。また、ナレーションと主人公ノースの旅を助けるガイド役の謎の男を、「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリスがコミカルに演じている。共演は「シティ・スリッカーズ2 黄金伝説を追え」のジョン・ロヴィッツ、「摩天楼を夢みて」のアラン・アーキン、「ミザリー」のキャシー・ベイツら多彩なキャスト。さらに「刑事ジョン・ブック 目撃者」のアレクサンダー・ゴドノフとケリー・マクギリスが同作のパロディ的な役柄で登場したり、カントリー・シンガーのリーバ・マッキンタイアがのダン・エイクロイドと楽しいミュージカル場面を披露したりと、ぜいたくなキャストに注目。


公開日1995年3月25日より
配給ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス・ピクチャーズ
制作国アメリカ (1994)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
イライジャ・ウッド (Elijah Wood)North
ブルース・ウィリス (Bruce Willis)Narrator
ジェーソン・アレクサンダー (Jason Alexander)North's Dad
ジュリア・ルイス・ドレイファス (Julia Louis Dreyfus)North's Mom
マシュー・マコーレー (Mathew McCurley)Winchell
アラン・アーキン (Alan Arkin)Judge Buckle
グレアム・グリーン (Graham Greene)Alaskan Dad
キャシー・ベイツ (Kathy Bates)Alaskan Mom
ダン・エイクロイド (Dan Aykroyd)Pa Tex
リーバ・マッキンタイア (Reba McEntire)Ma Tex
アレクサンダー・ゴドノフ (Alexander Godunov)Amish Dad
ケリー・マクギリス (Kelly McGillis)Amish Mom
キーオン・ヤング (Keone Young)Governor Ho
ローレン・トム (Lauren Tom)Mrs. Ho
ジョン・リッター (John Ritter)Ward Nelson
フェイス・フォード (Faith Ford)Donna Nelson
スカーレット・ヨハンソン (Scarlett Johansson)Laura Nelson
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
山田孝之&佐藤健がまさかのセルフィー撮影!!原作愛と兄弟愛に満ちた舞台挨拶で完成を祝う!!『ハード・コア』公開直前!! 完成披露上映会

2018.11.16

全世界を感動の渦に包んだアリーのドラマ、そして圧巻の歌声に思わず感涙!!感動の本予告&本ポスター解禁!!『アリー/ スター誕生』

2018.11.16

シルベスター・スタローンとドルフ・ラングレンが33年振りに“ロッキーとドラゴ”としてニューヨークで集結!最注目俳優のマイケル・B・ジョーダンは大坂なおみにラブコール!豪華キャスト登壇のワールドプレミア開催『クリード 炎の宿敵』ワールドプレミア

2018.11.16

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
チャンス・ザ・ラッパー、新作映画に参加へ

2018.11.16

ペドロ・パスカル、『スター・ウォーズ』スピンオフに出演へ

2018.11.16

『ファンタスティック・ビースト』のキャサリン・ウォーターストン、第1子を妊娠!

2018.11.16

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『インクレディブル・ファミリー』オリジナルノートブック&クリアファイルセット

グッズ2名様

『インクレディブル・ファミリー』オリジナルノートブック&クリアファイルセット
『アリー/ スター誕生』ジャパンプレミア レッドカーペットイベント招待プレゼント

その他10組20名様

『アリー/ スター誕生』ジャパンプレミア レッドカーペットイベント招待プレゼント

プレゼント一覧


TOP