ロケッティア

第二次大戦前夜の1938年。飛行機が好きなクリフは、FBIとギャングの追いかけっこに巻き込まれて、親友の天才技師ピーヴィー設計の愛機を壊される。しかし、ギャングの隠したロケット・パックを発見。この装置を付けて人助けをしたクリフは、正体不明のヒーロー“ロケッティア”として一躍有名になる。その頃クリフと喧嘩中の恋人ジェニーは、憧れの二枚目ネヴィル主演映画のに端役で出演していたが、ネヴィルは突然彼女に接近を始める。ロケットはハワード・ヒューズの発明ものであり、ネヴィルはナチのスパイでそれを兵器として使うべく狙っていた。ネヴィルの部下や彼の雇ったギャング、FBIが入り乱れての乱闘の末、クリフはナチの飛行船に拉致されたジェニーを救い出し、ネヴィルの陰謀を阻止するのだった。

解説

飛ぶことのできるロケット噴射装置を手に入れた青年が、ナチのスパイと戦うアクション。デイヴ・スティーヴンスの原作の映画化で、原案・脚本はダニー・ビルソンとポール・ディメオ、共同原案はウィリアム・ディアが執筆。製作はローレンス・ゴードン、チャールズ・ゴードン、ロイド・レヴィン、監督はジョー・ジョンストン、撮影はヒロ・ナリタ、音楽はジェームス・ホーナー、編集はアーサー・シュミット、美術はジム・ビセルが担当。出演はビル・キャンベル、アラン・アーキン、ジェニファー・コネリー、ティモシー・ダルトンなど。

1991年12月7日より

  • 配給
  • ワーナー・ブラザース映画
  • 製作国
  • アメリカ(1991)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト