虹いくたび

川端康成の原作を映画化

建築家水原常男には母のちがう三人の娘がいる。姉の百子の母は自殺し、水原が次女麻子の母である妻と結婚してから、水原家に引き取られ、麻子と共に暮してきた。一番下の若子は京都の芸者菊枝の娘で、水原はもう十五年も会っていない。百子は初恋の痛手から、年下の少年を次々に愛しては捨てて行く激しい性質の女になっていた。優しく素直な麻子はそんな姉を気づかい、また今は妻にも死なれた老境に近い父の心を何かといたわって、京都にいる筈の異母妹の身の上を想ったりするのだった。娘二人を伴って京都へ出かけた水原が菊枝と久々の対面をしたころ、百子と麻子は百子の初恋の人青木敬太の弟である夏二に逢った。敬太は特攻隊員として出撃の前、百子の体を求め、そして彼女の乳型を石膏でとって銀の椀を作り、それを身につけて南海に散ったのであった。

解説

川端康成の原作を「乱菊物語」の八住利雄が脚色し、「宇宙人東京に現わる」の島耕二が監督、「珠はくだけず」の長井信一が撮影を担当する。主なる出演者は「新・平家物語 義仲をめぐる三人の女」の京マチ子、「恋と金」の上原謙、「新妻の寝ごと」の若尾文子、「花嫁のため息」の船越英二、「十代の反抗」の川上康子、「宇宙人東京に現わる」の川崎敬三(二役)など。

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1956)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:島耕二
    出演:上原謙/京マチ子/若尾文子/川上康子