続社長三代記

「社長三代記」の後篇

福富電機の二代目社長浅川啓太郎は、もっぱら女性問題に情熱を傾けたため、初代社長の未亡人ヨネ会長の命により、アメリカ支店長にさせられた。そして三代目は叩きあげの質実剛健型で営業部長の大場太平である。三代の社長秘書を務める長谷川は、苦心の社長就任式も同室の恋人明子さんが間に入って大失敗。続いて開かれた祝賀会では、大場社長が初代社長の女修業に感心して、裸踊りまでやる大転向ぶりを発揮する仕末。それからというものは、太平は関西に出張するたびに、バーのマダムお園と浮気をしたり、それを姉妹会社の事務で福富電機の社長の後釜を狙う奥村につけねらわれたりの大騒ぎ。そんな間にも、長谷川は久しぶりの休みを、明子さんとの逢びきを楽しんだ。

解説

「社長三代記」の後篇で、脚本笠原良三、監督松林宗恵、撮影小原譲二とスタッフはいずれも前作と同様。出演は森繁久彌、加東大介、小林桂樹、司葉子、雪村いづみら前作のメンバーに、淡路恵子、藤間紫、白石奈緒美が加わり他に徳川夢声が特別出演。

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1958)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:松林宗惠
    出演:三好栄子/雪村いづみ/森繁久彌/久慈あさみ/加東大介/杉葉子