未知との遭遇 ファイナル・カット版

スピルバーグ監督が再々編集

砂漠。砂塵の中に第二次世界大戦に使われたらしい戦闘機の姿がみえる。それは、真新しく、20数年前の消失当時と同じ姿だ。調査団一行のリーダー、ラコームにより、発見の様子は語られる。又、インディアナポリスの交信コントロール・センターのスクリーンに未確認飛行物体の姿が写し出され、TWA機より、不思議な物体を見たという連絡が入る。同じ頃、インディアナ州のある人里離れた一軒家に奇妙な事が起こる。バリーという少年が、周囲の物が震動するので目をさまし、何物かに引かれるように家をとびだしていったのだ。

解説

宇宙人たちとの1stコンタクトを描き世界的に大ヒットを記録したSF映画「未知との遭遇」を、製作25周年を記念して、監督のスティーブン・スピルバーグ自身が再々編集。1977年のオリジナル版をベースに、1980年の「特別編」で加えられたゴビ砂漠のシーンなどを加え再編集している。「特別編」の目玉であったマザーシップ内部のシーンは省かれている。監督・脚本は「1941」のスティーブン・スピルバーグ。出演は「コンペティション」のリチャード・ドレイファス、「緑色の部屋」のフランソワ・トリュフォー、「少年の黒い馬」のテリー・ガーほか。

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • アメリカ(2002)
  • ジャンル
  • SF/ファンタジー 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:スティーヴン・スピルバーグ
    出演:リチャード・ドレイファス/テリー・ガー/メリンダ・ディロン/ケイリー・グッフィ