作品 映画館 ニュース

墓石と決闘

1881年10月26日午前11時、OK牧場での決闘は終わった。ワイアット(ジェームズ・ガーナー)と肺病やみのドク・ホリディ(ジェイソン・ロバーズ)は無傷で立っていた。ワイアットの兄弟バージル(フランク・コンバース)とモーガン(サム・メルヴィル)は傷つき、敵側はフランクとトム・マクロウリイが死に、ビリー・クラントンが死に瀕していた。だが、決闘を挑んだ張本人、牛泥棒で殺人犯のアイク・クラントン(ロバート・ライアン)と2人の部下の姿はどこにもなかった。それからもアープ兄弟とクラントン一味の暗闘は続いた。トゥームストンの保安官に立候補したバージルは、クラントン一味の闇討ちにあって足が不自由になった。かわってモーガンが立候補したが、再びクラントンに襲われて殺害された。悲嘆にくれるワイアットのもとに、彼を連邦保安官に任命するという電報がとどいた。クラントンと、その一味ピート、フランク、ビル、アンディの5人の殺人逮捕の捜索隊を結成する、権限と令状が、与えられたのだ。トゥームストンの商工会議所は2万ドルの賞金をつけた。これを知るとドク・ホリディはまっ先に捜索隊に志願した。ワイアットはツゥーサンにフランクがいるという情報をつかむや、単身ツゥーサンに向かい、決闘の末これを倒した。追いつめられたクラントン一味の暴れ方は、ますます悪どいものとなっていった。駅馬車が襲われ乗客は殺された。瀕死の御者からピートの逃げ場所が分かった。捜索隊はアリゾナに向かい、ピートを山地へ追いつめた。ワイアットは決闘を挑んだが、ピートは馬で逃げようとしたため射殺された。帰途、捜索隊は連邦保安官の家に泊まった。ホリディは酒を求めて町に出て酒場でビルと逢った。ホリディの方が早く拳銃を抜いた。だが、ビルの仲間の男がホリディの後から拳銃を抜いた時、ホリディを探しにきたワイアットが2人を一瞬のうちに射殺してしまった。その事件後アンディを捜索隊が捕まえた。アープ兄弟殺害事件には関係していない、と言うアンディを、ワイアットはいら立たせ、怒らせ、馬鹿にし、ついに決闘にもちこませ、これを射殺した。ワイアットの弟の仇にかけた執念と、まるで無造作な殺し方で4人まで射殺した冷酷さにホリディが呆れた。ワイアットとホリディの喧嘩となったが、ホリディが喀血した。ワイアットは追跡を中止し、ホリディをデンバーの病院に運んだ。幾日かが過ぎた。クラントンが、メキシコで牛泥棒をしながら豊かに暮らしていると教える者があった。ワイアットと捜索隊はメキシコに向かったが、病院から抜け出したホリディも一行に加わっていた。クラントンを小さな村に追いつめたワイアットは、クラントンにも1対1の決闘を挑み、そして射殺した。ワイアットはホリディをデンバーの病院に残して帰ることになった。彼はホリディの死期の近いことを知っていた。ホリディは酒瓶を片手に医者とポーカーをやっていた。ワイアットが見たドク・ホリディの最後の姿であった。

解説

西部劇史上、最も有名なOK牧場の決闘。この決闘に関係した7人の、その後の運命を描いたもので、史実をつぶさに研究した脚本を「ベケット」でアカデミー賞を獲得したエドワード・アンハルトが書き、「ビッグトレイル(1965)」のジョン・スタージェスが製作・監督した。撮影はルシエン・バラード、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演は「グラン・プリ」のジェームズ・ガーナー、「マシンガン・シティ」のジェイソン・ロバーズ、「プロフェッショナル」のロバート・ライアン、フランク・コンバース、サム・メルヴィルほか。

1967年10月10日より

  • 配給
  • ユナイテッド・アーチスツ
  • 製作国
  • アメリカ(1967)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト