今日のいのち

由起しげ子の同名小説を映画化

南方理子は、父の跡を継いで医者になるため勉強に励んでいた。そんな彼女に、戦災で失くした青山の病院を再建してやるから、と青年医師で京都に住む吉成朝巳が結婚を申込んで来ていた。だが、朝巳の弟で今は東京に養子で来ている岳二は、一途に理子を慕っていた。岳二は理子よりも年下だったが、幼い頃から仲が良かった。理子が朝巳との結婚を承諾したことを聞くと、絶望のあまり日頃彼が愛していた琵琶湖畔の小舎に姿をかくしてしまった。岳二を探しに来た理子は、彼の激しいばかりの慕情に胸うたれた。

解説

読売新聞連載の由起しげ子の同名小説を「マダム」の共同脚色者の一人、沢村勉が脚色、「乳母車」の田坂具隆が監督した文芸篇。撮影は「私は前科者である」の伊佐山三郎。主演は「勝利者」の北原三枝、石原裕次郎、「青春の抗議」の津川雅彦、「反逆者」の山根寿子、浅丘ルリ子、「あらくれ(1957)」の森雅之。ほかに細川ちか子、織田政雄、高野由美、金子信雄、渡辺美佐子、坪内美詠子など。

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1957)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:田坂具隆
    出演:北原三枝/伊達信/細川ちか子/津川雅彦