作品 映画館 ニュース

誇り高き戦場

1944年12月。世界的に有名なアメリカの指揮者ライオネル・エバンズ(チャールトン・ヘストン)は、米軍慰問協会の演奏旅行のため交響管弦楽団をひきいて戦禍に荒らされたベルギーを訪れた。一行が初めて演奏会を開いた夜ドイツ軍の総反撃が始まり、全員捕虜にされてしまった。捕虜は銃殺刑の命令が下っていたが、エバンズは非戦闘員の銃殺は重大な国際問題になると言いはった。一行はルクセンブルグの古城にあるドイツ軍司令部に送られた。司令部のアーント大佐は銃殺刑を命じたがシラー将軍(マクシミリアン・シェル)が中止させた。彼は名指揮者エバンズの芸術に心酔していたが、それ以上に、エバンズが、敵の将軍である自分に堂々と意見をはく態度に共感を覚えたのだった。シラーは、エバンズに演奏を命じた。しかしエバンズは敵兵のために指揮することをいさぎよしとせず、断り続けた。そのため楽団員は全員、酒倉に閉じ込められてしまった。この時、一行の中に、2人のアメリカ兵がまぎれ込んでいた。見つかれば全員銃殺だ。楽団員はエバンズに指揮することを懇願したが彼はやはり断った。そして2人のアメリカ兵を脱走させる計画を立てた。オーケストラの練習を始め、敵兵の注目をひいておいて脱走させるのである。脱走は成功したかに見えた。しかし楽団員のなかに密告者がいて、すべてシラーに通じていた。エバンズはシラーに交渉した。指揮をするから、終わったら全員釈放してくれと。その頃、師団は反撃作戦のため出発した。聴衆はシラーと副官だけ。2人は演奏終了後に全員銃殺の計画を立てていた。一方エバンズたちもゲリラ隊としめしあわせていて、終了後、脱出の計画を立てていた。演奏会は終わった。予定通りゲリラ隊がなだれこみ、ドイツ軍と撃ち合うすきに楽団員はエバンズのほか全員脱出に成功した。残ったエバンズをアーント大佐が射殺しようとした時、シラーがアーントを撃ち殺した。そして狙いをはずして2発目を発射。音楽の愛好者シラーは、敵ながら世界的名指揮者を殺すことは出来なかったのである。シラーは部下の兵士に向かい、エバンズがアーントを射殺したので、自分は仕方なくエバンズを殺したのだと偽りの説明を行い、部下を連れて去っていった。

解説

アラン・シリトーの原作『ザ・ジェネラル』をジェームズ・リーとジョエル・オリアンスキーが脚色、「砦の29人」のラルフ・ネルソンが監督した。撮影は「モダンミリー」のラッセル・メティ、音楽はブロニスロー・ケイパーが担当した。出演は「カーツーム」のチャールトン・ヘストン、「アルトナ」のマクシミリアン・シェル、「ボー・ジェスト(1966)」のレスリー・ニールセンほか。製作はディック・バーグ。

1968年1月13日より

  • 配給
  • ユニヴァーサル
  • 製作国
  • アメリカ(1967)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト