北極の基地 潜航大作戦

北極の氷原にあるイギリスの気象観測基地“ゼブラ”からSOSが発せられた。何か事故が起こったらしい。さっそく、アメリカとソ連が生存者救出に乗り出した。しかし気象の関係で飛行機は出せない。そこでアメリカ側は、ファラディ艦長(ロック・ハドソン)が率いる原子力潜水艦タイガーフィッシュ号を急行させた。出航まぎわ、イギリスの諜報員ジョーンズと海兵隊が乗り込んできた。さらに出航後、洋上でヘリコプターからジョーンズの仲間でロシア人のバスロフ(アーネスト・ボーグナイン)が乗り込んできた。やがて奇怪な事件。潜水艦に水がもれてきた。怪しいものが艦内にいるに違いない。バスロフかもしれない、と言い出す者もいたが証拠は何もなかった。やがて潜水艦は北極の基地に着いたが、気象観測所員は半分以上が死んでおり、ほかも意識不明であった。しかも、3人はピストルで射殺されている。何かあったに違いない。やがてファラディ艦長は、ことの次第を知り始めた。というのは、ソ連の人工衛星が上空を飛び、アメリカ、ソ連のミサイル基地を撮影した。ところが、その衛生が、ゼブラ基地に落ちたのである。そのフィルムの、うばいあいの果ての惨劇であった。そしてカプセルに入ったフィルムは、まだ、この基地にある。そこへ、天候回復でソ連がジェット機を飛ばしてやって来た。フィルムをめぐって、米ソは一発触発の雰囲気となり、氷原は異様な緊張につつまれたのである。フィルムの入ったカプセルが発見された。これには、同調する2つの電波探知機がある。そしてこの探知機は米ソ双方が持っている。どちらかがボタンを押せばカプセルは爆発してしまうのだ。国の運命をかけて、にらみ合う大国。バスロフがソ連側に走った。やっぱり彼はスパイだったのだ。そしてついに、カプセルはソ連側に渡ってしまった。彼らは、それを風船に結びつけて、飛行機がキャッチするように空に放った。その時ファラディ艦長はボタンを押し、フィルムは空中で消失。すべては終わった。やがて世界にニュースが流れるだろう−−北極の基地ゼブラで生存者救出のため米ソが協力したと。だが、その現場にいた者は知っている。力の均衡という表現で保たれている世界平和の現実を。

解説

「ナバロンの要塞」「荒鷲の要塞」のアリステア・マクリーンの小説を、「ダンディー少佐」のハリー・ジュリアン・フィンクが、まず映画用のストーリーにし「ボー・ジェスト(1966)」のダグラス・ヘイズが脚色、「墓石と決闘」のジョン・スタージェスが監督したアクション篇。撮影はダニエル・L・ファップ、北極圏での撮影はジョン・スティーブンスとネルソン・タイラーが当った。音楽は「今宵限りの恋」のマイケル・グランドが担当した。出演は「トブルク戦線」のロック・ハドソン、「特攻大作戦」のアーネスト・ボーグナイン、「トマシーナの三つの生命」のパトリック・マクグーハン、「戦争プロフェッショナル」のジム・ブラウンほか。製作は「いそしぎ」のマーティン・ランソホフ。

1968年12月21日より

  • 配給
  • MGM
  • 製作国
  • アメリカ(1968)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト