刑事物語 知り過ぎた奴は殺す

刑事物語シリーズの第七話

六百万円の現金を持って、野口は銀行から出てきた。走り出した車に一人の男が乗っていて、野口の生命を奪った。車は奥多摩に向った。もう一人の男が待っていた。二人は金を奪い、車を死体もろとも崖下に港した。翌朝、銀行前で野口と一人の男を目撃していた靴みがきの田中は、新聞で事件を知った。彼は男・須田を知っていたのだ。須田と田中は一緒に前の工場をクビになったのだ。場外馬券売揚で田中は偶然須田に会い、金をゆすった。共犯関谷がこの様子をみていた。一方、警察も動き出した。佐藤源造、保郎の親子刑事は田中を尋問した。田中を尾行して二人の刑事は須田の顔写真を取った。指名手配が発令された。源造は野口の秘書福本君江を呼び出し、何か秘密を感じとった。保郎は君江を追った。君江のアパートに関谷が来た。関谷は須田を消すといった。

解説

「刑事物語 前科なき拳銃」の共同執筆者・宮田達男の脚本を、「金語楼の俺は殺し屋だ!」の小杉勇が監督した刑事物語シリーズの第七話。撮影は「狂熱の季節」の間宮義雄。

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:小杉勇
    出演:益田喜頓/青山恭二/松下達夫/山田禅二