作品 映画館 ニュース

花のお江戸の法界坊

久松静児が監督した時代喜劇

釣鐘堂建立のため、浅草観音の境内で勧進をする法界坊は思うように勧進がすすまぬばかりか、手元資金不如意となって、大道商人、芸人と一緒に本所のハキダメ長屋の住人となった。そこで法界坊は長屋のミスといわれる歌仙茶屋の看板娘お菊と熱い仲となり、長屋住いも快適であった。そんなある日、長屋の住人駕篭かきの権三と助十が札差永楽屋の一人娘おくみを駕篭に乗せた。番頭の不穏な様子から、企みを知った法界坊は、おくみを助け、長屋へかくまった。一方札差永楽屋はガメツイ主人の松右衛門が、居候の大身の若君要之助におくみを嫁がせようと考えていた。これを知った要之助の要人青山喜平治は、松右衛門と要之助を利用して、百万両の隠し場所を記す鯉魚の一軸を手に入れようとしていた。

解説

「六人の女を殺した男」の小国英雄がシナリオを執筆、「沙羅の門」の久松静児が監督した時代喜劇。撮影は「最後の審判」の黒田徳三。

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1965)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:久松静児
    出演:フランキー堺/平幹二朗/伴淳三郎/岡田茉莉子/有島一郎