デスノート Light up the NEW world
デスノート Light up the NEW world
デスノート Light up the NEW world

デスノート Light up the NEW world

伝説から10年。正統な続編として放たれた完全新作。

デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から10年。再び、死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥っていた。夜神総一郎が立ち上げた<デスノート対策本部>は存続していた。すでに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した三島を筆頭に、唯一10年前のキラ事件を経験した松田ほか5人の対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。ロシア、ウォール街、そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして、“Lの正統な後継者”竜崎が加わり事件解明に当たり、地上には6冊のデスノートが存在することが判明する。その矢先に、キラウィルスと呼ばれるコンピューターウィルスが世界中に拡散された。そのメッセージとは「他の所有者に次ぐ。速やかに私に差し出せ」とデスノートの提出を呼びかけていた……。

解説

2003〜2006年5月まで「週刊少年ジャンプ」で連載され大ヒットを飛ばした「デスノート」。2006年に公開された実写映画『DEATH NOTE』の正統な続編としての完全新作である。月とLの死から10年を経た世界を描き、世界的なサイバーテロが頻発する超高度情報化社会となった現在でしか描けない世界が広がる。その衝撃的な設定の面白さはそのままに、原作に存在しながらも未だ使われていなかった【6冊ルール】を採用している。主人公の三島創を演じるのは東出昌大。三島とともにデスノートを追う世界的探偵・竜崎を池松壮亮、三島と竜崎と対決する紫苑優輝を菅田将暉が演じる。監督は、「GANTZ」シリーズ、「図書館戦争」シリーズの佐藤信介。(作品資料より)

2016年10月29日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国にて

  • 配給
  • ワーナー・ブラザース映画
  • 製作国
  • 日本(2016)
  • ジャンル
  • ドラマ スリラー/サスペンス
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:佐藤信介
    原作:大場つぐみ/小畑健
    出演:東出昌大/池松壮亮/菅田将暉/戸田恵梨香/川栄李奈/藤井美菜

公式サイトはこちら