作品 映画館 ニュース

武闘拳 猛虎激殺!

宿敵に立ち向う主人公を描く空手アクション

メキシコで闘技の修業を積み世界各地を転戦し連戦連勝したアイアン・ドラゴンこと竜崎鉄次が日本へ帰って来た。鉄次の帰国第一戦、世界武闘空手選手権が行なわれることになった。だがチャンピオン唐木誠の防衛戦であるこの試合は、唐木のオーナーで吉羅本ジム会長・吉羅本伝造が仕組んだ八百長試合で、試合前に唐木の勝が決っているのだ。しかし、鉄次は唐木をKOしたために、吉羅本ジムのトレーナー矢野一派に追われるようになった。だが、自ら火中に飛び込もうとする鉄次には、それなりの目的があるのだ。8年前、鉄次の父と兄が沖縄の海底に沈んでいた金塊を探りあてたのだが、吉羅本兄弟にその金塊を奪われ、殺されてしまったのだ。

解説

父と兄の仇を求めて難攻不落の宿敵に立ち向う主人公を描いた空手アクション。脚本は「お祭り野郎 魚河岸の兄弟分」の掛札昌裕と「戦後猟奇犯罪史」の中島信昭、監督は「子連れ殺人拳」の山口和彦、撮影は「必殺女拳士」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1976)
  • ジャンル
  • アクション 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:山口和彦
    出演:倉田保昭/清水健太郎/矢吹二朗/遠藤薫