特捜部Q 檻の中の女

殺人課の敏腕刑事カール・マーク(ニコライ・リー・カース)はある事件で部下を失い、自身も重傷を負う。復職後、新部署・特捜部Qへ転属を命じられたカールは、終わったと判断された捜査報告書の整理が主な仕事となる。しかし、その中に、5年前に話題となった美人議員ミレーデ・ルンゴー(ソニア・リクター)失踪事件の捜査ファイルもあった。ミレーデは弟との船旅の最中に行方不明となり、その後も何も発見されず、“船上からの投身自殺”と結論づけられていた。カールはその捜査結果に改めて違和感を持ち、助手のアサド(ファレス・ファレス)とともに調査を始める。すると次々と新事実が明らかになり、ミレーデは自殺ではなく事件に巻き込まれたという確信が導かれる……。

解説

ユッシ・エーズラ・オールスンの警察小説『特捜部Q』シリーズ第一作の映画化。監督は、「Klovn」のミケル・ノルガード。出演は、「天使と悪魔」のニコライ・リー・カース、「ゼロ・ダーク・サーティ」のファレス・ファレス、「白昼夢に抱かれる女」のソニア・リクター。『未体験ゾーンの映画たち2015』で上映。未体験ゾーンの映画たち2015にて上映。

2015年1月24日より

  • 配給
  • マグネット・コミュニケーションズ
  • 製作国
  • デンマーク(2013)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト