ラブストーリーズ コナーの涙
ラブストーリーズ コナーの涙
ラブストーリーズ コナーの涙

ラブストーリーズ コナーの涙

どんなに傷ついても、この愛を信じたい

出会った頃のコナーとエリナーは、デート中に食い逃げしたり、公園で奇跡的に蛍を眺めたり、すばらしく幸福な時間を共有していた。数年後、経営する小さなレストランは破綻寸前で、息子を亡くして以来抜け殻のような最愛の妻エリナーはアパートから姿を消してしまう。業界の大物である父からは自分の店を任せたいとオファーされ、悩んだ挙げ句、どうしてもエリナーを取り戻したいコナーは、彼女の実家を訪ねる。

解説

お互いへの愛情が消えてしまった訳ではない。それなのに一緒にいられないもどかしさ。男は女を追いかけ、女はひたすら逃げる。同じ悲しみを経験したはずが、彼らの心のずれは無視できないほど露わになる。そんな男と女のすれ違う愛についての物語を、夫の視点から描いた本作と妻の視点から描いた『ラブストーリーズ エリナーの愛情』の2本立てという画期的なスタイルで長編デビューを飾ったのは、脚本も担うネッド・ベンソン監督。コナー役に『X-MEN:フューチャー&パスト』のジェームズ・マカヴォイ、エリナー役のジェシカ・チャスティンはプロデューサーも兼ねている。音楽はSon Lux。第67回カンヌ国際映画祭ある視点部門出品作品。

2015年2月14日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国にて順次公開

  • 配給
  • ビターズ・エンド、パルコ
  • 製作国
  • アメリカ(2013)
  • ジャンル
  • ラブ・ストーリー ドラマ
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ネッド・ベンソン
    出演:ジェームズ・マカヴォイ/ジェシカ・チャスティン/キーラン・ハインズ/イザベル・ユペール/ニーナ・アリアンダ/ビル・ヘイダー

公式サイトはこちら