作品 映画館 ニュース

フットライト・パレード

ロイド・ベーコンが監督したレヴュー映画

ミュージカル・コメディーの演出家チェスター・ケントはトーキー流行の世となって失職したので、映画館のプロローグを演出することを思い立ち、フレイザーとゴールドという資本主と共同してプロローグ屋を始めた。商売は繁盛したが、ケントの考案はいつも外部にもれた。助手を馘首してもそれは止まず、またケントの収入はフレイザーとゴールドにごまかされて少なかった。彼はナンという秘書を助手に懸命に働いた。

解説

「四十二番街」と同じくロイド・ベーコンが監督にあたったレヴュー映画で、「地獄の市長」「駄々っ子キャグニー」のジェームズ・キャグニーが「ゴールド・ディガース」に共演したジョーン・ブロンデル、ルーヒー・キーラー、ディック・パウエル、ガイ・キッビーと共に主演するもの。

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • アメリカ(1933)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ロイド・ベーコン
    出演:ジェームズ・キャグニー/ジョーン・ブロンデル/ルビー・キーラー