キル・ユア・ダーリン

1944年、コロンビア大学に合格したアレン・ギンズバーグ。大学の正統な姿勢に不満を覚えたアレンは、ルシアン・カー、ウィリアム・S・バロウズ、ジャック・ケルアックのような聖像破壊の友人に引き寄せられていく。中でもルシアンへの想いが自分の創作活動の原動力になっていくのを強く感じていた。しかし彼らの創造のための欲求と選択は、重大な過ちを招くことになるのだった……。

解説

カウンターカルチャーのビート派を牽引した中心人物である詩人アレン・ギンズバーグの身近で実際に起こったデヴィッド・カマラー殺人事件を描いたサスペンス。ジョン・クロキダスの長編初監督作品。主演は「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフと、「クロニクル」のデイン・デハーン。2014年8月23日より、東京・新宿シネマカリテにて開催された[オト カリテ Vol.6]として上映。

2014年8月23日より

  • 配給
  • カルチュア・パブリッシャーズ
  • 製作国
  • アメリカ(2013)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト