ASAHIZA 人間は、どこへ行く

1923年、芝居小屋兼活動写真館として『旭座』という名称で福島県南相馬市原町区に開館したその劇場は、町のシンボル的な存在として町の中心に佇み、歌舞伎・映画だけでなく、町民の発表の場として賑わった。1952年に名称を『朝日座』に改め、映画全盛の時代には年間入館者数が20万人を超えたが、テレビ放映の普及、レンタルビデオショップの増加など流通の多様化の影響を受け、徐々に入館者数は減少していく。1991年に閉館するが、その後も『朝日座を楽しむ会』が定期的に上映活動を続けている。本作は、震災以降も街に残り暮らし続ける人、街を離れて暮らす人などへ、「朝日座を知っていますか」と問いかけるインタビューや、インタビューを受けた人々や、東京からエキストラとして参加した人々が、往年の賑わいを取り戻した映画館の中でこの映画を観る一日を撮影した。一軒の映画館が繋ぎ続ける映画の記憶、街の記憶、人の記憶が甦る。

解説

福島県南相馬市原町区にあった閉館した古い映画館『朝日座』をめぐる人々の姿を追ったドキュメンタリー。朝日座に関するインタビューや、インタビューを受けた人々と東京からのエキストラが、往年の賑わいを取り戻した映画館でこの映画を観る一日を記録した。監督は、「プロジェクトFUKUSHIMA!」の藤井光。

2014年11月15日より

  • 配給
  • 一般社団法人コミュニティシネマセンター (支援:公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団)
  • 製作国
  • 日本(2013)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト