忍術真田城

徳川家康は豊臣家の滅亡を図り、大坂城内へ忍者鬼垣赤雲斎を忍ばせていた。豊臣家にとって頼みとするのは真田幸村一党である。秀頼は幸村の出馬を求めるため木村重成を九度山へ向わせた。家康は代官岩堂に命じて九度山の麓を固めさせる。幸村の一子大助は村へ遠乗りに出かけ、恋人の庄助の娘明美をたずねるが、岩堂らに出くわした。岩堂は明美を人質にして大助を捕え、幸村をおびき出そうと図った。望月六郎は深夜大助救出に向おうとした。六郎とは徳川のために殺された兄の恨みをはらそうとする望月雪江だった。霧隠才蔵が将来を誓った雪江に替って牢内に忍びこんだ。赤雲斎を倒して大助とともに脱出した。和歌山城へ入った家康は忍術師玄魔斎を使って重成を暗殺しようとしたが失敗した。幸村は大坂城入城に先立ち、家康の本拠駿府に新兵器ありとにらみ、猿飛、霧隠の三人を駿府に向わせた。猿飛、霧隠、それに猿飛を慕う志乃の三人は、伊豆から運ばれてくる甲一号の荷車隊を襲ったが、桔梗の精と玄魔斎の妖術のために危機におちいった。

解説

「緋ぼたん浪人」の結束信二の脚本を、「喧嘩まつり 江戸っ子野郎と娘たち」の小野登が監督した忍術映画の前篇。撮影は「野火を斬る兄弟」の古谷伸。完結篇は「忍術大阪城」。

1961年12月27日より

  • 配給
  • 第二東映
  • 製作国
  • 日本(1961)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト