ブルー・リベンジ

オンボロの青い車の中で暮らすホームレスのドワイト(メイコン・ブレア)は、ある日警察に呼び出され、両親を殺害し服役していた犯人が刑期満了を前に釈放されることを知らされる。金も地位も理解者もないドワイトは、一人、復讐を果たすべく釈放された犯人のもとへと向かう……。

解説

両親を殺されたホームレスの悲しい復讐劇を描いたサスペンス・スリラー。第66回カンヌ国際映画祭監督週間で上映されるや完成度とリアリティを持った世界観が話題となり、国際映画批評家連盟賞を獲得した。監督・脚本は、数々の作品の撮影を担当するほか、ホラー作品「Murder Party」(未)で注目を集めたジェレミー・ソルニエ。孤独な戦いに乗り出すホームレスを、これまでのジェレミー・ソルニエ監督作品全てに出演しているメイコン・ブレアが演じている。ほか、「ホーム・アローン」のデヴィン・ラトレイ、「SHAME−シェイム−」のエイミー・ハーグリーヴスらが出演。ロードショーに先立ち、特集上映『未体験ゾーンの映画たち2015』で上映される。

2015年2月14日より

  • 配給
  • トランスフォーマー
  • 製作国
  • アメリカ=フランス(2013)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト