欲動

バリを舞台に、男女の性愛と生死を繊細に描く

ユリは夫の千紘を伴い、臨月を迎えた千紘の妹・九美の出産に立ち会うため、バリ島にやってきた。九美にとって兄と看護師であるユリの存在は心強かったが、心臓に重い病を抱える千紘にとっては危険を伴う旅だ。彼らは観光をするが、カフェで千紘が何気なく口にした「日本に帰りたくない」というひと言をきっかけに、ユリと千紘は口論を始める。耐えられなくなったユリはその場を立ち去り、広大な水田地帯をさまよう。そして誘われるままにナイトクラブへと向かうが……。

解説

女優、映画プロデューサーとして活躍する杉野希妃の監督第2作(劇場公開は1本目)。バリ島を舞台に、重い病に苦しむ夫と彼を支えようとする妻の姿を通じて男女の性愛を見つめるとともに、死生観を繊細に描いたドラマだ。生と死の狭間に立たされながら、スピリチュアルな雰囲気の漂うバリで解放されていく妻の葛藤を体現するのは、話題作『愛の渦』などに出演している三津谷葉子。夫役の斎藤工との激しいベッドシーンや、現地で知り合った男性と衝動的に体を重ねる場面では美しい裸体を惜しげもなく披露、官能的なシーンに仕上がっている。東南アジアの民族音楽“ガムラン”や男声合唱による呪術的な踊り“ケチャ”など、バリの風俗が紹介されている点も見逃せない。

2014年11月22日より新宿武蔵野館(レイト)ほか全国にて順次公開

  • 配給
  • 太秦
  • 製作国
  • 日本(2014)
  • ジャンル
  • ラブ・ストーリー ドラマ
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:杉野希妃
    脚本:和島香太郎
    出演:三津谷葉子/斎藤工/コーネリオ・サニー/杉野希妃/トム・メイス/高嶋宏行/松崎楓

公式サイトはこちら