至高のエトワール パリ・オペラ座に生きて

バレエに捧げた愛と情熱の日々

世界最高峰のバレエの殿堂パリ・オペラ座で最高位エトワールを16年にわたり務めたアニエス・ルテスチュ。その優美な美しさと完璧な技術で世界を魅了した彼女がついに引退の時を迎え、2013年、アデュー(さよなら)公演「椿姫」に臨んだ。最高のパートナーとして数多くの舞台で共演したジョゼ・マルチネスや大先輩ギレーヌ・テスマーらの証言、さらには彼女自身の言葉からバレエへの飽くなき探究心が浮かび上がる。

解説

完全無欠なバレエ。気鋭の振付家ウィリアム・フォーサイスにそう言わしめるエトワール中のエトワール、アニエス・ルテスチュ。クラシックからコンテンポラリーまでしなやかに踊りこなす逸材がエトワールに別れを告げるまでの最後の2年間を追ったドキュメンタリーである。「椿姫」「白鳥の湖」、衣装デザインも担当した「天井桟敷の人々」、イリ・キリアンの「輝夜姫(かぐやひめ)」などの映像もふんだんに使われている。監督は『アニエス・ルテスチュ/美のエトワール』『バレエに生きる〜パリ・オペラ座のふたり〜〜』『マチュー・ガニオ&カルフーニ〜2人のエトワール〜』で、オペラ座を撮り続けてきたマレーネ・イヨネスコ。

2014年11月8日よりBunkamura ル・シネマほか全国にて順次公開

  • 配給
  • アルシネテラン
  • 製作国
  • フランス(2013)
  • ジャンル
  • ドキュメンタリー 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:マレーネ・イヨネスコ
    出演:アニエス・ルテステュ/ジョゼ・マルティネス/ローラン・イレール/ステファン・ビュリョン/ジョン・ノイマイヤー/ウィリアム・フォーサイス/イリ・キリアン

公式サイトはこちら