風小僧 流星剣の舞

盤城の国城下に、風小僧が悪事を働いているという噂がひろがった。実は、かつて風小僧に亡ぼされた悪領主の娘手古奈が、手下の九郎を偽の風小僧にしたてて悪事を働いていたのである。手古奈一行はある日城下の帯広屋を襲った。これを妨げたのは本ものの風小僧であった。が、城下の人々がまちがえて、本ものの風小僧を捕えようとしたため、手古奈一味は逃げてしまった。風小僧配下の陸斎、久太、玉緒らは偽もの退治にのりだした。帯広屋の娘のりと、久太の二人は一味のあとをつけたが捕えられた。手古奈たちは再び帯広屋襲撃を企てた。風のように現れた風小僧は、今度は正面から一味と戦った、悪人は次々と倒され、手古奈も傷を負った。白拍子姿となり踊りながら風小僧を刺そうとした彼女も、やがて息たえた。のりと久太を救い出した城主小六が、風小僧の去ったあと、手古奈の遺体をとむらった。

解説

風小僧シリーズの完結篇。脚本・真弓典正、監督・仲木睦、撮影・森常次と「風雲虹ヶ谷」「風流河童剣」と同じ顔ぶれ。

1960年5月24日より

  • 配給
  • 第二東映
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト