悪童日記
悪童日記
悪童日記

悪童日記

僕らは生き抜く、いくつもの屍を越えて

第二次大戦末期の1944年8月。「大きな町」に暮らす僕らを守るため、お母さんは「小さな町」に住むおばあちゃんの家に僕らを預ける。人々が「魔女」と呼ぶ意地悪なおばあちゃんは、僕らを「メス犬の子ども」と罵り、こき使う。過酷な労働に、空腹に、寒さや痛みに負けないように、僕らは身体と精神を鍛える練習をし、聖書を読んで勉強を続ける。そして、お父さんにもらった日記帳には真実のみを書き記して行く。

解説

僕らは絶対離れない。人と人が殺し合う戦時下、残忍で無慈悲な人間性を露呈する大人たちに囲まれた双子は、冷徹な観察眼と勤勉さを駆使し、したたかに生き延びる。ハンガリー出身の亡命作家アゴタ・クリストフがフランス語で書いた世界的ベストセラー小説を、ハンガリーの監督ヤーノシュ・サースが映画化した本作は、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭でグランプリに輝き、米国アカデミー賞外国語映画賞のハンガリー代表にも選出された。主演に抜擢されたのは、実際に貧しい小さな村出身のアンドラーとラースローのジェーマント兄弟。彼らあってこその傑作誕生だ。さらに強烈な個性を放つ祖母役のピロシュカ・モルナールも圧巻。

2014年10月3日よりTOHOシネマズ シャンテ、新宿シネマカリテほか全国にて順次公開

  • 配給
  • アルバトロス・フィルム
  • 製作国
  • ドイツ=ハンガリー(2013)
  • ジャンル
  • 戦争 ドラマ
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ヤーノシュ・サース
    原作:アゴタ・クリストフ
    出演:アンドラー・ジェーマント/ラースロー・ジェーマント/ピロシュカ・モルナール/ウルリッヒ・トムセン/ウルリッヒ・マテス

公式サイトはこちら