イロイロ ぬくもりの記憶
イロイロ ぬくもりの記憶
イロイロ ぬくもりの記憶

イロイロ ぬくもりの記憶

シンガポールのある家族の日常を描いた秀作

1997年のシンガポール。共働きの夫婦の一人息子ジャールーは、わがままな振る舞いが多く、小学校で問題を起こしていた。妊娠中の母親は手を焼き、仕事も忙しいことからフィリピン人のメイドを雇うことにする。ジャールーはやって来たメイドのテレサに最初は嫌がらせをするが、次第に心を開いていくようになる。しかし母親は、自分よりも息子が懐くテレサに嫉妬にも近い感情が湧くように。一方、ジャールーの父親は会社をリストラされるが、そのことを家族に打ち明けられなかった。

解説

映画の舞台はアジア通貨危機が起きた1997年のシンガポール。少年が夢中になっている「たまごっち」が大流行したころだ。リストラされたことを家族に言えずに毎朝出勤する父親、がんばりが評価されない思いから自己啓発セミナーにひかれる母親、両親の無関心から問題行動を起こしてしまう小学生の息子、生活のため生まれたばかりの子供を預けて異国に来ているメイド…。生きるのに精いっぱいで、相手に対する思いやりをつい欠いてしまう人間の姿を、映画ではある家族を通して描いていく。センチメンタルになる一歩手前でシーンを切っていくスタイルは、ドライかもしれないが、そこには思わず引き込まれてしまう力強さがある。2013年の東京フィルメックス観客賞、カンヌ国際映画祭のカメラドール(新人監督賞)などを受賞するなど、各国で高い評価を受けた作品だ。

2014年12月13日より新宿K's cinemaほか全国にて順次公開

  • 配給
  • 日活、Playtime
  • 製作国
  • シンガポール(2013)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:アンソニー・チェン
    出演:アンジェリ・バヤニ/コー・ジャールー/ヤオ・ヤンヤン/チェン・ティエンウェン

公式サイトはこちら