作品 映画館 ニュース

美貌に罪あり

増村保造が監督したメロドラマ

東京近郊にある蘭作りでは名の通った吉野庭園の女主人ふさは、二度の結婚とも夫に先立たれ、父の違う二人の娘を育ててきた。長女の菊江は農園の生活をきらい女流舞踊家になろうと家を出た。妹の敬子も、そんな姉に反発を感じながらも単調な田園生活に焦燥をおぼえた。若い農夫の忠夫は、その敬子を愛していた。忠夫には妹かおるがあった。生れつき口が不自由で聾唖学校に通っているが蘭作りの名人・隣の農場の息子周作を慕っていた。若手舞踊家藤川勘蔵の内弟子となった菊江は、上達も早く勘蔵の期待と愛情をうけた。ところが勘蔵の後援者・料亭粂川の女将おくめは、自分と娘と勘蔵を一緒にさせたいばかりに、家を出て行けと言った。

解説

川口松太郎の小説を「吹雪と共に消えゆきぬ」の田中澄江が脚色、「氾濫」の増村保造が監督したメロドラマ。撮影も「氾濫」の村井博。

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1959)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:増村保造
    出演:杉村春子/山本富士子/若尾文子