悪魔は誰だ

時効を迎えた幼女誘拐事件がたどる結末

15年前の誘拐事件で、幼い娘を失ったハギョン。事件の担当刑事チョンホは、事件が公訴時効を迎えるにあたりハギョンのもとを訪ねる。しかし、犯人逮捕を願いながら長年に渡り情報を集めていたハギョンは、やりきれない怒りをチョンホにぶつける。そして、時効まで残り5日と迫った日に事件現場を訪れたチョンホは、そこに手向けられた1輪の花を見つける。事件現場の監視カメラを調べると、深夜に何者かが花を置く姿が写っていた。チョンホは、それらの手がかりを元に捜査を再開。時効まであと数時間のところで犯人を限界に捕えるが、追跡も及ばず再び取り逃がしてしまう。結局事件は時効を迎え、責任を感じたチョンホは刑事を辞める決意をするが、時を同じくして新たな誘拐事件が発生。その犯行の手口は、15年前のものと全く同じであった。

解説

時効を迎えた幼女誘拐殺人事件。遺族と犯人が長年の間胸の内に秘めていたものを、衝撃の結末と共に観る者に訴えかける。幼い娘を失う母親ハギョンを演じるのは、オム・ジョンファ。本作で韓国のアカデミー賞と言われる大鐘賞の主演女優賞を受賞している。また、事件を追う刑事チョンホ役を、『殺人の追憶』でソン・ガンホ扮する刑事の相棒役を熱演したキム・サンギョン。(作品資料より)

2014年9月13日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開

  • 配給
  • [特集上映]
  • 製作国
  • 韓国(2013)
  • ジャンル
  • スリラー/サスペンス ドラマ
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・脚本:チョン・グンソプ
    出演:オム・ジョンファ/キム・サンギョン/ソン・ヨン・チャン/チョ・ヒボン/ユ・スンモク/チョン・ヘギュン

公式サイトはこちら