作品 映画館 ニュース
パワー・ゲーム
パワー・ゲーム

パワー・ゲーム

緊迫の頭脳戦を描くビジネス・サスペンス

急成長を遂げるIT企業ワイアット社CEOのワイアットは、宿敵のゴダード率いるアイコン社が開発中の新製品の情報を手に入れるため、野心家の若手社員アダムの弱みを握り、高い報酬でアイコン社へ潜り込みスパイ活動を行えという信じがたい指令を出す。やむなくその要求を受け入れアイコン社に潜入しエリート街道にのるアダムは、有力情報を手に入れようとするが……。それは恐るべき本性を露わにしたワイアットと巨大な権力者ゴダードとの戦いに挑むことになるのだった。

解説

もしも絶大な権力や富を持つリーダーが、利益と野望のみを優先し、邪悪な違法行為に手を染めたらどうなるのか?ある日突然、産業スパイに仕立てられた一人の若者の想像を絶する運命を描いて大反響を呼んだジョゼフ・フィンダーの全米ベストセラー小説を映画化。主演は「ハンガー・ゲーム」シリーズのリアム・ヘムズワース。監督は『キューティ・ブロンド』『ラスベガスをぶっつぶせ』のロバート・ルケティック。(作品資料より)

2014年11月15日より新宿ピカデリーほか全国にて

  • 配給
  • 東京テアトル、ハピネット
  • 製作国
  • アメリカ(2013)
  • ジャンル
  • スリラー/サスペンス 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ロバート・ルケティック
    出演:リアム・ヘムズワース/ゲイリー・オールドマン/アンバー・ハード/ハリソン・フォード/ルーカス・ティル

公式サイトはこちら

(c) 2013 PARANOIA PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED