作品 映画館 ニュース

郊遊 ピクニック

幼い息子と娘を育てている父親(リー・カンション)。水道も電気もない空き家に、マットレスを敷いて眠る3人。父親は不動産広告の看板を掲げて路上に立ち続ける“人間立て看板”の仕事でわずかな金を稼ぎ、子供たちは試食を目当てにスーパーマーケットの食品売り場をうろついている。父親は貧しい暮らしを耐えがたく感じていたが、子供たちは、郊外に遊ぶピクニックのように楽しんでいる。どしゃ降りの雨の夜、父親はある決意をする……。

解説

「愛情萬歳」などで知られる台湾の巨匠ツァイ・ミンリャン監督最後の長編作品。彼の全作品に出演するリー・カンションのほか、ヤン・クイメイ、ルー・イーチン、チェン・シャンチーの3女優が出演。2013年ヴェネチア国際映画祭審査員大賞、金馬奨最優秀監督賞・最優秀主演男優賞ほか、各国の映画祭で受賞多数。第14回東京フィルメックス特別招待作品。旧邦題「ピクニック」。

2014年9月6日より

  • 配給
  • ムヴィオラ
  • 製作国
  • 台湾(2013)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト