作品 映画館 ニュース

ミニスキュル 森の小さな仲間たち

誰かのピクニックの跡か、森の木陰に食べ残しが置かれていた。この食べ物をめぐった赤アリと黒アリの戦いに、正義感の強いテントウムシがいつの間に巻き込まれてしまう。テントウムシは黒アリ軍のマンディーブルに加勢し、冷酷な赤アリ軍からアリ塚を守ろうとするが……。

解説

2008年広島国際アニメーションフェスティバルで優秀賞を受賞、2012年NHK Eテレで放送開始されたフランスのCGアニメシリーズ『minuscule ミニスキュル 〜小さなムシの物語〜』の劇場版。南フランスの自然保護区の豊かな自然の中で繰り広げられる小さな虫たちの冒険を、3Dのキャラクターと実写を織り交ぜて描く。監督は、初監督作『Les zinzins de l’espace』(未)が世界的に親しまれ、2006年アヌシー国際アニメーション映画祭最優秀長編作品賞を受賞した「ルネッサンス」にアニメーターとして参加したトマス・ザボと、「フィフス・エレメント」などコンセプトデザイナーとして多くの作品に携わり「ルネッサンス」のアートディベロップメントに参加したエレーヌ・ジロー。2D/3D同時上映。

2014年10月18日より

  • 配給
  • 東北新社
  • 製作国
  • フランス(2013)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト