作品 映画館 ニュース

イーダ

1960年代初頭のポーランド。孤児として修道院で育てられた少女アンナ(アガタ・チュシェブホフスカ)は、ある日院長からおばの存在を知らされる。興味を持ったアンナは、一度も面会に来たことのないおばのヴァンダ(アガタ・クレシャ)を訪ねるが、そこで彼女の口から出た言葉に衝撃を受ける。“あなたの名前は、イーダ・レベンシュタイン。ユダヤ人よ。”突然知らされた自身の過去。私は何故、両親に捨てられたのか?イーダは自らの出生の秘密を知るため、ヴァンダとともに旅に出る……。ホロコーストの悲劇、共産主義の抑圧など、歴史の波に翻弄された戦後ポーランドの光と影をリリカルなタッチで描く。

解説

スタンダードサイズ&モノクロ映像のスタイルで、自らのルーツを探る少女の旅を通じて、戦後ポーランドの光と影を描いたドラマ。監督は、14歳の時に共産主義体制のポーランドを離れ、ヨーロッパ各国で映画を撮り続けてきたパヴェウ・パヴリコフスキ。出演はアガタ・チュシェブホフスカ、「ログアウト」のアガタ・クレシャ。

2014年08月02日より

  • 配給
  • マーメイドフィルム(配給協力 コピアポア・フィルム)
  • 製作国
  • ポーランド(2013)
  • ジャンル
  •  

公式サイトはこちら