作品 映画館 ニュース

花の億土へ

文明化する日本社会の中で起きた水俣水銀中毒事件をモチーフに、現代人に近代とは何かという問題提起をした名著『苦海浄土』の作者である石牟礼道子さんが、来るべき世について、最後のメッセージを残す。この数年、不知火海の地を幾度も訪ね、パーキンソン病に苦しむ石牟礼さんに、文学とは何か、詩とは何か、新作能の新たな構想、最後に文明社会のゆくえなどを語ってもらった。その中で西牟田さんは、“祈り”や“犠牲”という、我々現代人が失くしてきた言葉を強調する。水俣・天草・不知火はもちろん、60年代の水俣漁村の風景をとらえた映像に、金大偉の独創的に音楽を加える。東日本大震災にも触れ、水俣や福島で起きた事件について、石牟礼道子が我々に伝える言葉とは?

解説

水俣水銀中毒事件をモチーフにした名著『苦海浄土』作者で、現在パーキンソン病を患う石牟礼道子のドキュメンタリー。水俣・天草・不知火のほか60年代の水俣漁村の風景や、東日本大震災についても触れる。監督・構成・撮影・編集・音楽は、音楽家や映像作家として活動している金大偉。ナレーションは、舞台俳優の米山実。

2014年06月28日より

  • 配給
  • 藤原書店
  • 製作国
  • 日本(2013)
  • ジャンル
  •  

公式サイトはこちら