複製された男
複製された男
複製された男

複製された男

脳力が試される、究極の心理ミステリー

大学の歴史講師のアダムは、ある日同僚から1本のビデオを薦められる。応じるままに鑑賞した彼は、その映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を発見する。あまりのことに驚きを通り越し恐怖を感じたアダムは、翌日から取り憑かれたようにその俳優を探し始める。アンソニーという名前を突き止め、気づかれないよう遠くから彼を監視するうちに、どうしても会って話しがしたくなったアダムは、遂にアンソニーに連絡する。その週末二人は対面し、顔、声、体格に加え生年月日も同じ、更には後天的に出来た傷までもが同じ位置にあることを知る。

解説

ポルトガル唯一のノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの同名小説を映画化。数多くの映画や小説で扱われてきた“もうひとりの自分”というモチーフを、かつてない独創性と寓意をこめて探求した衝撃的なミステリーとして、2013年のトロント映画祭で初上映後、カナダ・スクリーン・アワード5冠を達成したりと高い評価を得た。監督は『灼熱の魂』のドゥニ・ヴィルヌーヴ。主人公のアダムとアンソニーをひとり2役で演じきるのは、『プリズナーズ』でも監督とコンビを組んだジェイク・ギレンホール。ふたつのキャラクターの孤独、混乱、狂気をこのうえなく繊細に表現した。(作品資料より)

2014年7月18日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて

  • 配給
  • クロックワークス
  • 製作国
  • カナダ=スペイン(2013)
  • ジャンル
  • スリラー/サスペンス 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
    原作:ジョゼ・サラマーゴ
    出演:ジェイク・ギレンホール/メラニー・ロラン/サラ・ガドン/イザベラ・ロッセリーニ

公式サイトはこちら