作品 映画館 ニュース

お伝地獄('60)

邦枝完二の原作を映画化

上州奥利根に住む高橋お伝の夫浪之助は悪性の皮膚病を患い、養生も思うに任せなかった。夫思いのお伝は庄屋の息子大八に金策を頼んだ。大八は金を持って来たが、お伝の体が目当だった。お伝ともつれあった大八は谷底へ落ちていった。その金を持って東京に出たお伝は、名医後藤昌文を訪れるが不治の病と宣告された。その頃から浪之助の足は激痛を訴えはじめていた。お伝の哀願に代診杉本は一時の痛み止めに麻薬を射った。しかし薬が切れると痛みを訴えるため、再三杉本を訪れるお伝は、薬との引き換えに肉体を投げ出した。が、この麻薬持ち出しがばれて杉本は病院を馘になった。後藤院長は、麻薬では病気が直らないと説き横浜のヘボン医師をお伝に紹介した。横浜に来たお伝は、牛肉屋へ女中に出て浪之助を養った。或る夜、お伝は、平岡市十郎という男と知り合った。彼は野毛山の警官殺しの犯人で馴染の夜鷹お初の深情に追いかけられていたのをかくまったのである。

解説

邦枝完二の原作を、「痴人の愛(1960)」の木村恵吾が脚色・監督した高橋お伝の物語。撮影は「傷ついた野獣」の石田博。

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:木村恵吾
    出演:京マチ子/船越英二/菅原謙二