作品 映画館 ニュース

パリ、ただよう花

北京からパリにやって来たばかりの若い教師・花(コリーヌ・ヤン)は、なじみのない街で様々な男と体を重ねる。自分の狭いアパートと大学の間、かつての恋人たちとフランスで新たに出会った人々の間を漂う花は、ある日、建設工のマチュー(タハール・ラヒム)と出会う。一目で恋に落ちた二人は、お互いある秘密を抱えたまま、激しく肉体を求め合う……。

解説

リウ・ジエがインターネット上で発表した小説『裸』を、「スプリング・フィーバー」のロウ・イエが監督・脚本を手がけ映画化。パリと北京を舞台に、女性の“愛の問題”を描く。出演は、フランス生まれの中国人モデル兼女優のコリーヌ・ヤン、「預言者」のタハール・ラヒム。撮影は、「四川のうた」のユー・リクウァイ。

2013年12月21日より

  • 配給
  • アップリンク
  • 製作国
  • フランス 中国(2010)
  • ジャンル
  •  

公式サイトはこちら