第七天国('37)

オースティン・ストロングの舞台劇を映画化

1914年パリ・モンマルトル近くの貧民窟でシコは溝泥浚いをしている若者であった。彼は常に「俺は偉い奴だ」と信じ、年来の希望は下水掃除から地上の道路掃除になることであった。彼は神様にその望みをかなえさせてもらうために金を投じてお祈りをしたが一向利き目がないところから、それ以来無神論者を以て自称した。彼の友人はスリの溝鼠とボロ自動車の運転手ブールで、ある夕方三人が路上で食事をしていると只ならぬ女の悲鳴が聞こえた。近くにある酒場の主婦ナナが、客の言うことを聞かぬ妹のディアンヌを鞭で殴っているのだ。

解説

「四つの恋愛」「みどりの園」のシモーヌ・シモンと「結婚設計図」「踊るアメリカ艦隊」のジェームズ・スチュアートが主演する映画で、オースティン・ストロング作の同名の舞台劇を「結婚設計図」のメルヴィルベイカーが脚色し、「勝鬨」「ラモナ(1936)」のヘンリー・キングが監督に当たり、「令嬢見学」「鉄人対巨人」のメリット・B・ガースタッドが撮影した。助演者は「銀盤の女王」のジーン・ハーショルト、「永遠の戦場」のグレゴリー・ラトフ、ヴィクター・キリアン及びジョン・クェーレン、「風雲児アドヴァース」のゲイル・ソンダーガード、「二国旗の下に」のJ・エドワード・プロムバーグ、「逢瀬いま一度」のマディー・クリスチャン等の面々である。

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • アメリカ(1937)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ヘンリー・キング
    出演:シモーヌ・シモン/ジェームズ・スチュアート