ザ・チャイルド('76)

島に観光に来た夫婦を無差別に襲う子供達

とあるスペインの海岸沿いの町は、年に一度の祭りで海外からの旅行者も多く、人の波であふれていた。生物学者のトムと3人目の子供を妊娠中の妻エビーも、イギリスよりやって来たその中の一組である。祭り見物を楽しむ2人は、翌朝、沖のアルマンソーレ島に向った。島の子供達に歓迎され上陸したものの、大人の姿はまるでない。夏の暑い日だった。水を求め、ある酒場に入るが、やはり人影はない。トムが人をさがしにいった留守に酒場で1人待つエビーに少女が笑顔でやって来、妻の腹を撫でて去っていった。やがて帰って来たトムは、島に大人がいないと言う。2人はホテルに行く。ふと老人が少女に追いかけられているのを見たトムは、彼らの跡を追った。老人は死んでいた。少女に杖で殴り殺されたのだ。トムは死体を納屋に隠すが、子供達はよってたかって死体を切り刻んでいく。ホテルに戻っても、妊娠中のエビーを刺激しないため、トムはその事をふせておいた。その時、ホテルの2階より傷ついた男が降りて来た。

解説

ある島に観光に来た夫婦を無差別に襲う子供達を描いた恐怖映画。77年ファンタスティック国際映画祭批評家大賞受賞作品。製作はマヌエル・ペレス、監督は「象牙色のアイドル」のナルシソ・イバネッツ・セラドール、脚本はルイス・ペニャフィエル、原作はJ・J・プランス、撮影はホセ・ルイス・アルカイネ、音楽はワルド・デ・ロス・リオスが各々担当。出演はルイス・フィアンダー、プルネラ・ランサム、アントニオ・イランソなど。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • スペイン(1976)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ナルシソ・イバネッツ・セラドール
    出演:ルイス・フィアンダー/プルネラ・ランサム