作品 映画館 ニュース
楽園からの旅人

楽園からの旅人

一つの命が生まれ、再生への希望となる

イタリアのある街で教会堂の取り壊しが始まる。その夜、ひとり残った老司祭の眠りを予期せぬ訪問者が妨げる。それはアフリカから海を渡ってきた不法入国者たちだった。聖堂に段ボールで寝床を作る彼らの中には、暴力によって世界を変えようとする者も、言葉の力を信じる者もいた。やがて、身重の女性が出産し、老司祭はキリスト誕生を思い、奇跡を予感する。そこへ不法移民の取締に地区の保安委員がやって来る。

解説

困難を乗り越えるのは、詰まるところ人の心だ。舞台劇のようにも見える本作は、解体現場でありながら静謐さを感じさせる空間で展開する。『木靴の樹』のイタリアの巨匠エルマンノ・オルミが、生涯最後の作品と宣言した『ポー川のひかり』から6年、前言を翻して、今を生きる迷える人々に一筋の希望の光をもたらす美しく深遠な傑作で復活を遂げた。キリストという崇高な人物を追求するがゆえに、前作同様、聖書のエピソードを盛り込みつつ、イスラム教やユダヤ教との対話も忘れない。フランスの名優マイケル・ロンズデール、『聖なる酔っ払いの伝説』のルトガー・ハウアーと共に、実際に移民してきた人々も難民役で出演している。

2013年8月17日より岩波ホールほか全国にて順次公開

  • 配給
  • アルシネテラン
  • 製作国
  • イタリア(2011)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・脚本:エルマンノ・オルミ
    出演:マイケル・ロンズデール/ルトガー・ハウアー/アレッサンドロ・アベル/マッシモ・デ・フランコヴィッチ

公式サイトはこちら

(C)COPYRIGHT 2011 Cinemaundici