宵待草

若者と政治家令嬢との逃避行を描く

頃は大正、浅草六区の活動写真館の弁士、黒木大次郎を首領株に「ダムダム団」というアナーキストの集団があった。弁士見習いの平田玄二が副団長格で、井上他十数名の団員がいた。成金代議士・谷川武彦の息子で大学生の国彦もいつしか彼らの仲間になっていた。ある日、温泉場行の乗合馬車で国彦は令嬢風の娘しのに会い、撞球場で虚無的な男、北天才と知り合った。北は国彦を料理屋に誘い痛飲した挙句、翌朝姿を消した。のんびり床を起き出して散歩していた国彦は、しのと会った。二人は散歩の道すがら大木で首を吊っている北を発見した。その夜、北の通夜に参列した国彦はしのと顔を合わせた。彼女には昼間同様、影の如く山口という男がついていた。翌日、しのが東京へ帰ったのを知った国彦は、後を追うように東京へ帰り、玄二を訪ねた。国彦は浅草六区を縄張りにしている女スリのお新に紹介された。その夜三人は夜遅くまで痛飲した。交番襲撃に失敗したダムダム団は、今度は政界の黒幕北条寺の孫娘を誘拐した。

解説

“無政府主義者”が暗躍した大正時代を背景に、若者と政治家令嬢との逃避行を描く。脚本は「青春の蹉跌」の長谷川和彦、監督は「赤線玉の井 ぬけられます」の神代辰巳、撮影も同作の姫田真佐久がそれぞれ担当。

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1974)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:神代辰巳
    出演:高橋洋子/高岡健二/夏八木勲