女と海賊

伊藤大輔脚本の再映画化

江戸時代の初め、琉球・朝鮮近海を横行する海賊船の中に御崎庄五郎とよぶ悪魔的残忍を持つ男を頭目とする末吉船があった。庄五郎は襲撃した船の男は総て殺し、女は乾分の慰みものとして与えることを掟としていたが、彼自身は女に手も触れなかった。船には、幼い頃から船内で育てられた小金という男装の娘がいたが彼女は人知れず庄五郎を慕う年頃となっていた。庄五郎の船が掠奪品の売捌きに長崎へ寄港した。乾分たちの妓楼でのバカ騒ぎ。それを耳にする庄五郎に若い日の苦い思い出がよみがえった。−−大阪蔵屋敷の勘定方だった庄五郎は、全盛の太夫・綾衣の色香に迷い忽ち金に窮した。上役の川島は独断で蔵屋敷の剰余金を融通してくれたが、それは川島の奸計で、彼と上役の大脇との公金費消を庄五郎になすりつけるためだった。庄五郎は捕えられたが脱獄し、川島と大脇を斬り、大脇の妾となった綾衣をも斬って逃れた。−−庄五郎の回想は小金の突然の訪れで断たれた。捌いた品物から足がつき役人に追われていると言う。

解説

大正十二年、伊藤大輔が書いたシナリオにより故野村芳亭が監督した同名作品の再映画化。再映画化に当っては原作者の伊藤大輔が八尋不二(近作「弁天小僧」)と全面的な改訂を加え、自ら「弁天小僧」につづいて監督した。撮影も同じく「弁天小僧」の宮川一夫が担当した。

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1959)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:伊藤大輔
    出演:長谷川一夫/京マチ子/木村功