作品 映画館 ニュース

足にさわった女('60)

東京行の急行列車内でのおかしな騒動

東海道線上り特急列車「えこう」の中。大阪界わいでは、ちょっとした腕ききのスリ専門のデカ・北八平太は休暇で上京中だ。その隣に彼にぴたりとくっついて腰掛けているのが美人スリの塩沢さや。現行犯じゃなければ八平太には手も足も出ない。食堂車ではお偉い作家の五無康祐が、この世に美人のスリなんていやあしねえと、怪気焔をあげている。トンネルの中で停電した。車内は大さわぎ、腹の出た重役タイプの男が狙われた。休暇中とはいえデカとして黙ってはいられない。盗難品は名刺入れだけだった。さやも腕がにぶったか……。八平太は今度やる時は俺につかまるようにやれと説教した。が、彼女も可哀相な女だった。

解説

沢田撫松の原作から、『ぼんち』の和田夏十と市川崑が脚本を書き、『からっ風野郎』の増村保造が監督した喜劇で、3度目の映画化。東京行の急行列車内でのおかしな騒動を描く。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • コメディ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:増村保造
    出演:京マチ子/ハナ肇/船越英二/杉村春子/大辻伺郎/田宮二郎/見明凡太朗/多々良純/ジェリー藤尾