作品 映画館 ニュース

殺られる前に殺れ

弓削太郎が監督したアクション・ドラマ

刑期を終って出所した南を待っていたのは、野村一策と乾分たちであった。野村は南の留守中、親分を倒しそのあとがまに座り、“金の城”を事務所にあくどい事をやっていた。野村の誘いを拒否した南は、乾分の坂口の待つ事務所で、一通の遺書を受け取った。それは当時恋人だったくに子のもので、野村に侵れ、麻薬患者になり、南の出所を前に自殺したのだ。復讐に燃える南は野村の身辺を見張り始めた。野村一味がダイヤの密輸入を計画している事を知った南は、それを奪い売却して自分達の資源にしようとした。

解説

「黒の商標」の長谷川公之がオリジナル・シナリオを執筆「黒の駐車場」の弓削太郎が監督したアクション・ドラマ。撮影もコンビの石田博。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1964)
  • ジャンル
  • アクション 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:弓削太郎
    出演:宇津井健/藤巻潤/大辻伺郎