コン・ティキ
コン・ティキ
コン・ティキ

コン・ティキ

ノルウェーから贈る、歴史的大冒険の真実

1947年、ノルウェーの若き人類学者トール・ヘイエルダールは、10年に渡りポリネシア文明と南米の古代文明の類似を研究してきた。彼は自身の学説を実証するべく、古代でも入手が容易な材料でイカダを作り、それに乗って風と波だけを頼りに太陽と星を道しるべにしながら、ペルーからポリネシアの島々に向かって無謀ともいえる8000kmの航海に出発する事を決意。同じ志を持つ仲間が集まり、信念を貫く男たちの命がけの冒険が始まる。

解説

南太平洋に浮かぶ島々─ポリネシアの文明は、南米インカ文明と相似点が多いという。もしかしたらポリネシア人の祖先は、南米から海を渡って渡来した人たちなのではないか。多くの冒険家、探検家に影響を与えてきたトール・ヘイエルダールは、その仮説が正しい事を証明するため、暴挙ともいえる命がけの冒険に出発する─。約15年の構想と準備期間を経て映画化を実現したのは、『戦場のメリークリスマス』などで知られるプロデューサー、ジェレミー・トーマス。ノルウェー映画史上最高額の制作費を投じた本作は、実際にポリネシアまでロケに赴いて撮影された超大作。ゴールデングローブ賞、アカデミー賞ともに外国語映画賞にノミネートされた話題作。

2013年6月29日よりヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ新宿ほか全国にて

  • 配給
  • ブロードメディア・スタジオ
  • 製作国
  • イギリス=ノルウェー=デンマーク=ドイツ(2012)
  • ジャンル
  • ドラマ アドベンチャー
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ヨアヒム・ローニング/エスペン・サンドベリ
    出演:ポール・スヴェーレ・ヴァルハイム・ハーゲン/アンダース・バースモー・クリスチャンセン/ヤコブ・オフテブロ

公式サイトはこちら