作品 映画館 ニュース

さすらいのトランペット

野口博志が監督したアクションもの

ヤザキプロの看板スターで若いトランペット奏者の明島秀夫は、急激な抬頭ぶりでマスコミの寵児と騒がれていた。この裏には、プロの社長矢崎の札ビラを撒きながらの精悍な売り込みがあった。そんな矢崎のやり方に秀夫は反撥していたが、ヤクザから助けた花売り娘との仲を疑われて、ついにプロを飛び出した。東京を離れ秀夫は静かな北国の寺で汗を流しながら真の人間の生活を見出そうとした。そんな秀夫にもう一度ペットを握ってもらいたいと励ますのは和尚の姪、喜代子だった。矢崎の妹真弓から届いたレコードを手にすることもない秀夫だったが、村の祭に若者たちの叩く太鼓がドラムのテンポを感じさせた。

解説

配島桂次郎原作を高橋文男と川崎敏夫が共同で脚色、「灼熱の椅子」の野口博志が監督したアクションもの。撮影もコンビの永塚一栄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1963)
  • ジャンル
  • アクション 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:野口博志
    出演:高橋英樹/二谷英明/浅丘ルリ子/星ナオミ