終戦のエンペラー
終戦のエンペラー
終戦のエンペラー

終戦のエンペラー

日本の運命を決定づけた、知られざる物語

1945年8月、日本が連合国に降伏し、第二次世界大戦は終結する。8月30日、マッカーサー元帥が日本に上陸、彼は部下のフェラーズにある極秘調査を命じる。「戦争の真の意味での責任者を探せ」それは、日本に対して格別な想いを抱くフェラーズにとって重く、困難な任務だった。調査期限は10日間。連合国、マッカーサー、フェラーズ、彼とは対立するGHQの一派、そして日本の未来を守ろうと暗躍する人々の思惑が激しく交錯する…。

解説

太平洋戦争直後の日本を舞台に、史実に基づいて描かれた歴史大作。マッカーサー元帥率いるGHQが日本に置かれ、米軍統治が始まった直後、マッカーサーが部下のボナー・フェラーズ准将に命じて調査させた事柄─太平洋戦争の真の意味での責任者─が巻き起こす波紋を、サスペンスタッチで描き出す。監督は、『真珠の耳飾りの少女』『ハンニバル・ライジング』のピーター・ウェーバー。「メン・イン・ブラック」シリーズや缶コーヒーのCMで有名なトミー・リー・ジョーンズがマッカーサー元帥を、ドラマ「LOST」シリーズのマシュー・フォックスがフェラーズ准将を演じる。すべてを失った日本の新たなる礎は、いかにして築かれたのか、興味深い作品だ。

2013年7月27日より全国にて

  • 配給
  • 松竹
  • 製作国
  • アメリカ(2013)
  • ジャンル
  • ドラマ 戦争
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ピーター・ウェーバー
    原作:岡本嗣郎
    出演:マシュー・フォックス/トミー・リー・ジョーンズ/初音映莉子/西田敏行/桃井かおり/中村雅俊

公式サイトはこちら