作品 映画館 ニュース

牝犬脱走

弓削太郎が監督した風俗もの

三百五十余人の女囚を収容する刑務所。あらゆる年齢層のさまざまな罪を負った女たちが、高いコンクリート塀の中で、抑圧された日を送っている。長池春美、西田礼子、小出ユキの雑居房に北城加代が加わった時、三人は困惑した。彼女らは秘かに脱走の計画を練っていたのだ。事情を話した三人は、加代も加えて、さらに周到さを増した。リーダー格の春美は、ズべ公のボスの情婦であったが、妹分トシ子に男をとられ女に硫酸をかけて傷害罪でとらえられた。小出ユキは、住み込み店員で同僚の桜井と恋仲のユキに、横恋慕した店の息子清ともみあううち、ストーブを倒し、放火犯として獄舎に送られていた。西田礼子は、平凡なBGで、胸を病む恋人のため、ヌードモデルまでして療養費をかせいだのが、同僚に見つかり、脅迫されて三十万の公金を横領したもの。また加代は、看護婦時代に知り合った男との間に子供が出来たが、結婚に反対され、ホステスとなって養育費をかせぐうち、やくざな男の手にかかり、男を刺殺して、ここへやって来た女。四人の脱走は成功したが…。

解説

「おんな番外地 鎖の牝犬」の舟橋和郎がシナリオを執筆「掏摸(すり)」の弓削太郎が監督した風俗もの。撮影は「兵隊やくざ」の小林節雄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1965)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:弓削太郎
    出演:高田美和/滝瑛子/坪内ミキ子/明星雅子