夕陽特急

「影無き男(1934)」の姉妹編

世人を震駭せしめた「影無き男(1934)」殺人事件を解決して名探偵と呼ばれたニックと愛妻ノラは、夕陽特急にのって懐かしいサンフランシスコの家へ帰った。帰ると直ちにノラの伯母カザリン・フォレストから招待され、余り気が進まなかったが従妹のセルマが至急相談事があるとのことに夫婦は出席した。セルマの夫ロバートが行方不明になったことを菊と、探偵事業から身を退く決心をしていたニックもできるだけの援助を約束せねばならなかった。セルマの話に端緒を得たニック夫妻はナイト・クラブで酔払っているロバートを発見し、「ダンサー」とあだ名される経営者に彼を家へ帰すように命じた。ロバートは「ダンサー」と情を通じている踊子のポリイを恋していたのである。「ダンサー」はロバートから金を巻き上げるため彼をポリイのアパートへ連れ込ませることにした。ロバートは彼女に駆落を迫ったが金がなくてはと承知しないので、彼はかつての妻の婚約者であり今でも未練を持っているデイヴィッドに電話を掛け、妻と別れるから二万五千ドル渡せと交渉し、現金の代わりに債券を約束の場所で受け取った。

解説

「影無き男(1934)」の姉妹編で、すべて同じスタッフすなわちダシール・ハメット原作、フランセス・グッドリッチ、アルバーアト・ハケット共同脚色、W・S・ヴァン・ダイク監督ウィリアム・パウエル、マーナ・ローイ主演になる映画で、撮影だけが「桑港」「空駆ける恋」のオリヴァー・T・マーシュの担当である。助演者は「踊るアメリカ艦隊」のジェームズ・スチュアート、「過去から来た男」のエリッサ・ランディ、「愛怨二重奏」のジョセフ・カレイア、「小公子」のジェシー・ラルフ、新顔のアラン・マーシャル及びドロシー・マクナルティその他である。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • アメリカ(1936)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:W・S・ヴァン・ダイク
    出演:ウィリアム・パウエル/マーナ・ローイ/ジェームズ・スチュアート/エリッサ・ランディ